学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止に係る対応について

本日、県教育委員会より、通知文「新型コロナウイルス感染拡大防止に係る対応について」が発出されました。詳細については、通知文01_新型コロナウイルス感染拡大防止に係る対応について3.5.1(会津地区).pdfを御覧ください。期間は5月3日(月)から5月16日(日)までで、この間、以下の対応が求められています。

 ○ 感染リスクの高い学習活動(部活動を含む)* について停止すること。

○ 部活動における他校との合同練習、練習試合及び合宿は禁止する。

○ 各種大会への参加は認める。ただし、原則として、「緊急事態宣言」が発令された地域や「まん延防止等重点措置」が適用された地域など(以下「感染拡大地域」という。)への往来は行わないこと。

○ 各種大会により他地域へ往来する場合は、宿泊を認めるが、参加人数を最小限にするなど、感染症対策を徹底すること。

 

 特に連休中の部活動及び練習試合について、御理解御協力をお願いいたします。その他、連休明けからの学習活動については別途連絡いたします。

 

* 参考「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動」

(「★」はこの中でも特にリスクの高いもの)。

・各教科等に共通する活動として「児童生徒が長時間、近距離で対面形式となるグループワーク等」及び「近距離で一斉に大きな声で話す活動」(★)

・理科における「児童生徒同士が近距離で活動する実験や観察」

・音楽における「室内で児童生徒が近距離で行う合唱及びリコーダーや鍵盤ハーモニカ等の管楽器演奏」(★)

・図画工作、美術、工芸における「児童生徒同士が近距離で活動する共同制作等の表現や鑑賞の活動」

・家庭、技術・家庭における「児童生徒同士が近距離で活動する調理実習」 (★)

・体育、保健体育における「児童生徒が密集する運動」(★)や「近距離で組み合ったり接触したりする運動」(★)

本校進路指導室訪問の方へのお願い

             本校進路指導室訪問の方へのお願い
                                    令和3年4月
 
 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、福島県外の方は進路指導室への訪問をお控えください。また、福島県内外を問わず、事前に担当者へ電話等で予約をしていただき確認を取ってからご来校ください。資料がある場合はお送りください。
 また、福島県内の方で訪問を希望する方は、事前に担当者へ電話等で予約連絡をしていただき確認を取ってからご来校ください。事前予約がない方については、進路指導室での対応は致しかねます。ご了承ください。
 なお、発熱等の風邪症状がある方については、ご来校をお断りいたします。
                          福島県立喜多方高等学校 進路指導部

新生喜多方高等学校の校歌の歌詞、作曲者が公表されました。

令和3年1月15日、県立高校改革室から新生喜多方高校の校歌の歌詞、作曲者が公表されました。

本日放課後に保護者の皆様向けの文書を生徒に配付しました。

  ☆保護者配付文書⇒校歌 保護者文書0115.pdf

〇 作詞について

喜多方の風土、歴史、文化を感じさせ、未来に向けた夢や希望が感じられる、そして、未来につながる学び舎となる統合校のイメージにふさわしい歌詞を、両校の生徒、教職員、保護者から募集し、両校の生徒からなる校歌検討委員会や両校の教職員及び同窓会長、PTA会長を加えた校歌校章検討委員会等の会議で検討を重ね、作成しました。

 

〇 作曲について

小田和正氏(シンガー・ソング・ライター、元オフコース)

日本を代表する歌手として長年にわたり活躍されています。東日本大震災の 1 年後に母校である東北大学の校友歌「緑の丘」を作詞、作曲をされており、東北地方への強い思い入れをお持ちです。 今回、統合校の開校に向けて生徒や学校関係者によって制作した歌詞に、曲を付けていただくこと を依頼したところ、生徒や学校関係者の思いを受け、作曲の提供について快諾をいただきました。

 

〇 校歌はこちら(歌は旧喜多方高等学校合唱部、旧喜多方東高等学校音楽部、旧喜多方高等学校生徒有志が担当しました。)⇒校歌.mp3   

                   JASRAC許諾第E2104163741号