大会結果報告

大会結果報告

【生活部】きくごまクッキー&菊芋レシピ集が完成!

5月31日(水)喜多方高校にて、きくごまクッキー&菊芋レシピ集の完成披露会を実施しました。

きくごまクッキー&菊芋レシピ集

〈きくごまクッキー&菊芋レシピ集〉

 

生活部では、喜多方産の健康食材である菊芋の魅力を広めようと、令和3年から「キクイモプロジェクト」に取り組んでいます。

「きくごまクッキー」は、一昨年の「キクイモブラウニー」、昨年の「キクイモ餃子」に続き、3作目の商品開発です。「パンと焼き菓子の店 たんたんどる」さんの協力のもと、昨年度から20回以上の試作を重ねてようやく完成にこぎつけました。

レシピ集は、菊芋を広めようと活動している「夢の森 花の散歩みち実行委員会」さんなどと協力して作成しました。主菜、副菜、スイーツなど、23種類のレシピが掲載されています。

生徒による発表

〈生徒による発表〉

新聞社の取材を受けました

〈新聞社の取材を受けました〉

 

披露会では、生徒の発表、クッキーの試食などを行いました。試食してくださった方からは、「小麦粉・牛乳・卵不使用とは思えない!」「サクサクしていて食べやすい」など好評の声をいただきました。

「きくごまクッキー」は、6月中旬から「たんたんどる」さんで販売予定です。レシピ集は、菊芋の取扱店(JA直売所、道の駅など)にて無料配布予定です。

 

【販売会のお知らせ】

  6月3日(土)10:00~ @ひめさゆりウォーク(熱塩加納総合支所前)

  6月17日(土)9:00~ @道の駅あいづ湯川・会津坂下

キクイモスイーツの販売&レシピ集の配布を行います。ぜひ足をお運びください!

大会結果|第69回福島県高等学校体育大会ボート競技【ボート部】<東北大会・全国大会出場>

日時|令和5年5月26日(金)~28日(日)

場所|県営荻野漕艇場(喜多方市高郷町)

結果|

〇女子シングルスカル 第1位 大竹 美結(3年)

〇女子ダブルスカル  第1位 喜多方高校 [菊地真緒(3年)・高橋沙季(3年)]

〇女子舵手付きクォドルプル 第2位

[内海彩音(1年)・清野夢希菜(3年)・岩原茉佑(2年)・稲垣美紗妃(2年)・小林芽生(2年)]

 上記3種目については、6月23日(金)~25日(日)に宮城県登米市で開催される東北ボート選手権大会兼東北高等学校ボート選手権大会 への出場権を獲得しました。また、女子シングルスカルおよび女子ダブルスカルについては、7月28日(金)~31日(月)に北海道網走市で開催される令和5年度全国高等学校総合体育大会ボート競技への出場権を獲得しました。

 今回の大会に際しても保護者の皆さまはじめ、多くの方々からご声援をいただきました。ありがとうございました。

大会結果|第69回福島県高等学校体育大会会津地区大会ボート競技【ボート部】

日時|令和5年5月5日(金)~6日(土)

場所|県営荻野漕艇場(喜多方市高郷町)

結果|

〇女子シングルスカル 第2位 大竹 美結(3年)

〇男子シングルスカル 第2位 菅井 耕士郎(3年)

〇女子ダブルスカル  第2位 喜多方高校 [菊地真緒(3年)・高橋沙季(3年)]

〇女子舵手付きクォドルプル 第1位

[内海彩音(1年)・清野夢希菜(3年)・岩原茉佑(2年)・稲垣美紗妃(2年)・小林芽生(2年)]

 

 

 今回の大会では保護者の皆さまをはじめ、多くの方々から声援をいただきました。ありがとうございました。次の県大会(5月26日(金)~28日(日) 於 荻野漕艇場)に向けて頑張りたいと思います。

 

大会結果|第26回東北高等学校放送コンテスト【放送部】

日程|2月11日(土)~12日(日)

場所|八戸市公会堂・八戸市公民館

結果|アナウンス部門 髙橋旺太郎(2-3) 準決勝 敗退

   朗読部門    波田野 唯(2-4) 準決勝 敗退

 

結果は惜しくも予選敗退となってしまいましたが、自信をもって読み上げることができました。放送の専門家より個別に講評をいただき、次の大会に活かせる良い経験となりました。

大会結果『第41回福島県高等学校総合文化祭 自然科学部門 第35回福島県高等学校生徒理科研究発表会』【自然科学部】

〇期 日:令和4年11月19日(土)・20日(日)

〇場 所:福島県立原町高等学校

〇主 催:福島県高等学校文化連盟

     福島県高等学校文化連盟自然科学専門部

     福島県高等学校教育研究会理科部会

〇結 果:優秀賞(2位相当)

     口頭発表(化学部門)「キュウリの渋みに関する研究」

     赤枝 龍星(2年) ・ 上野 泰育(2年) ・ 菊池 翔太(2年)

 

 

     ◆研究論文.pdf

     ◆生徒理科研究発表会 結果.pdf

 

 口頭発表・化学部門へは福島県内の各高校から全部で23団体が参加し、ハイレベルな大会となりました。激戦を勝ち抜いた今大会の優秀賞受賞は、本校として14年ぶりの快挙となります。

 応援ありがとうございました。