学校からのお知らせ

新生喜多方高等学校の校歌の歌詞、作曲者が公表されました。

令和3年1月15日、県立高校改革室から新生喜多方高校の校歌の歌詞、作曲者が公表されました。

本日放課後に保護者の皆様向けの文書を生徒に配付しました。

  ☆保護者配付文書⇒校歌 保護者文書0115.pdf

〇 作詞について

喜多方の風土、歴史、文化を感じさせ、未来に向けた夢や希望が感じられる、そして、未来につながる学び舎となる統合校のイメージにふさわしい歌詞を、両校の生徒、教職員、保護者から募集し、両校の生徒からなる校歌検討委員会や両校の教職員及び同窓会長、PTA会長を加えた校歌校章検討委員会等の会議で検討を重ね、作成しました。

 

〇 作曲について

小田和正氏(シンガー・ソング・ライター、元オフコース)

日本を代表する歌手として長年にわたり活躍されています。東日本大震災の 1 年後に母校である東北大学の校友歌「緑の丘」を作詞、作曲をされており、東北地方への強い思い入れをお持ちです。 今回、統合校の開校に向けて生徒や学校関係者によって制作した歌詞に、曲を付けていただくこと を依頼したところ、生徒や学校関係者の思いを受け、作曲の提供について快諾をいただきました。

 

〇 校歌はこちら(歌は旧喜多方高等学校合唱部、旧喜多方東高等学校音楽部、旧喜多方高等学校生徒有志が担当しました。)⇒校歌.mp3   

                   JASRAC許諾第E2104163741号