学校生活

学校生活

【生徒会】令和3年度リーダー研修会を実施しました

12月10日(金)の放課後、生徒会主催のリーダー研修会を実施しました。

このリーダー研修会は、各ホームルーム役員や部活動の部長、生徒会役員が一堂に会して様々なことについて討論することで、親睦を深めるとともに、リーダーとしての意識を高めるために行われました。

生徒会役員が設定した今回の議題は以下の3つでした。

 ①「リーダー」とはどうあるべきか?

 ②旧喜多方高校と旧喜多方東高校が統合し、よかったことは?改善すべきことは?

 ③校則をどう考えるか?

この議題についてグループに分かれ、活発に議論し、その結果をホワイトボードに書き、最後に全体で共有しました。どのグループの発表のあとも、自然と拍手が起こり、良い雰囲気の中で議論が進んでいきました。

 

公開授業を実施しました

 12月7日(火)、令和3年度大学進学のための学力向上推進事業として、公開授業を実施しました。県内の県立高等学校と会津管内の中学校から約30名という多くの先生方に参観していただきました。

 

【授業公開科目・クラス、担当者】

数学Ⅰまたは数学A    1年5組 小向教諭

国語総合(現代文)    1年3組 奥教諭

国語総合(古典)     1年4組 渡邉教諭

コミュニケーション英語Ⅰ 1年5組 安部教諭

 

 

 

 

 

『第27回 平和のための戦争展・喜多方』で学びを深めました

 12月6日(月)~12月8日(水)に世界史Aを履修している1年生全員と日本史Bを履修している2年生は、喜多方市厚生会館ホールで開催されている『第27回 平和のための戦争展・喜多方』で校外学習を行いました。

 第2次世界大戦に関する詳細なパネル展示や戦時中に使われていたモノを見て、生徒たちも戦争の悲惨さを肌で感じているようでした。特に地元喜多方からも戦地に赴いた人が多くいるとの紹介には生徒たちも驚き、喜多方への理解をより一層深めていました。

 太平洋戦争開戦から80年の節目にあたり、生徒たちも平和な社会の実現に思いを新たにしているようでした。

 

知事・教育長へ受賞報告を行いました。

   本年7月29日、30日の両日に徳島市で行われた第69回全国高等学校家庭クラブ研究発表大会徳島大会ホームプロジェクトの部において、本校2年の石山心南さんが文部科学大臣賞を受賞しました。そして、去る10月29日(金)に内堀県知事、鈴木教育長に受賞報告を行いました。訪問者は遠藤利晴校長、顧問の永井富美子先生、発表のサポートを行った2年の小林佳奈さん、そして石山さんの4名です。教育長への受賞報告には、前喜多方東高校校長の渋川卓也社会教育課長にも御同席いただきました。

 知事・教育長からは、今回の受賞に対するお祝いと、発表内容に対するお褒めの言葉をいただきました。石山さん、小林さんにとっては忘れられない日となりました。今回の訪問を励みとして、研究テーマをさらに深め、困っている人たちに手をさしのべることができる社会の実現に貢献していきたいと思います。今回の表敬訪問に関係された皆様に御礼申し上げます。

 

内堀知事と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      

                内堀知事と

 

内堀知事と石山さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            内堀知事と石山さん

 

内堀知事と小林さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            内堀知事と小林さん

 

 

鈴木教育長と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   鈴木教育長と

 

教育長室で懇談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            教育長室で懇談

            

生活部「幸せのキクイモ第1弾スイーツ」プレスリリース発表会を行いました

 令和3年11月10日(水)、本校において、生活部が考案した菊芋を使用したスイーツのプレスリリース発表会を行いました。喜多方市教育委員会教育長様をはじめ、喜多方市熱塩加納町支所様、喜多方市役所様、会津喜多方青年会議所様、Fukurumカード推進協議会様、たんたんどる店主様、夢の森 花の散歩道実行委員会様などから多くの皆様にご出席いただきました。心より御礼申し上げます。

 この度、『パンと焼き菓子の店「たんたんどる」』様の協力を得てスイーツが完成しました。ブランド名を「幸せのキクイモ」とし、記念すべき商品化の第一弾となるスイーツは商品名が「キクイモブラウニー」です。「たんたんどる」様のお店で11月13日(土)から販売を開始します。値段は税込220円です。

 菊芋は喜多方市熱塩加納町の特産品であり、パッケージには喜多方の伝統工芸である会津型を使用しています。生活部では、このキクイモブラウニーを多くの人に食べてもらい、喜多方の魅力を広めたいと考えています。

 

 

 

創立記念行事「KITAKATA WALK」を実施しました

 令和3年10月15日(金)、創立記念行事として「KITAKATA WALK」を実施しました。これは(旧)喜多方高等学校で毎年行われてきた学校行事で、(旧)喜多方高等学校と(旧)喜多方東高等学校の統合を機に名称を「ウォークラリー」から「KITAKATA WALK(キタカタ ウォーク)」へ変更しました。伝統が(新)喜多方高等学校へ受け継がれました。

 自然に親しむとともに忍耐力を養い、体力の向上と健康の保持・増進を図ることを目的としました。学校を出て北塩原村、雄国沼入り口、恋人坂、熊倉小学校を通り学校へ戻るコースで、歩(走)行距離は19.6kmです。

 気温17度、気持ちのよい秋晴れの下、午前8時30分から開会式を行い、午前9時、生徒たちは元気に出発しました。

開架式 校長あいさつ

 

 

開会式 準備運動

 

 

開会式 宣誓

 

 

出発

 

 

第1チェックポイント(7.2km地点)

PTA評議員の方々に通過チェックと給水、交通整理等の協力をしていただきました。

準備、運営にあたり、多大なるご協力を賜り厚く感謝いたしますとともに御礼申し上

げます。

 

 

出発前 全校集合写真

生徒会「令和3年度赤い羽根共同募金運動」に参加しました

 10月1日(金)に本校生徒会役員4名が喜多方市共同募金委員会主催「令和3年度赤い羽根共同募金運動」の街頭募金活動に参加しました。生徒たちは市内の商業施設の入り口で、コロナ対策をとったうえで、募金を呼びかけました。

 喜多方高校生徒会では今後もボランティア活動を推進していきます!

街頭募金の様子

 

生活部 菊芋を使った給食メニューの試食会を実施しました

 令和3年9月23日(木)、本校において、生活部が考えた給食メニューの試食会が行われました。これは、会津喜多方青年会議所様の青少年育成事業企画「知産知商」として実施しました。この企画は喜多方の産品を知りそのよさを外部に発信することを通し、社会の中での商売の厳しさを知るという経験をしてもらうことが目的であり、そのため「地産地消」ではなくあえて「知産知商」としたということです。

 生活部の2つ班がそれぞれ1品を試食会に出品し、関係者で試食し評価しました。

 会津喜多方青年会議所様では今後、この評価結果をもとに、実際に給食化を目指して事業として成立できるように取り組むということです。

  

 

「国際交流」特別講演会を開催

 喜多方高校は、今年度入学生から学校設定科目として「国際交流」という科目を新たに設定しました。その授業の一環として、9月17日(金)に市内熱塩加納町在住で、異文化について様々な情報を発信しているヤマグチ マイケル氏を講師として招き、特別講演会を開催しました。演題は「異文化理解と情報発信について ~ヤマグチ マイケルさんから見た喜多方市の魅力とその情報発信について~」。対象は1年生「国際交流」履修者及び希望者としたところ全学年が参加することとなりました。マイケル氏が「みんなが考える喜多方の魅力は?」と問いかけると、生徒たちは「ラーメン」「水がおいしい」「自然が豊か」「歴史がある」「貴重な建造物」「人の優しさ」等と答えました。それらを受けて、マイケル氏は英語での発信のしかたや、写真を撮るアングルや、動画作成の技術など、自ら作成した動画を交えて英語で講義しました。生徒からは「1つの魅力が1つの歴史につながっているなど、今まであまり考えることがなかった。」「動画の撮り方一つにいろいろな工夫をしていてすごいと思った。私も生まれた喜多方の美しいところなどを動画、写真などで残してみたいと思いました」等の感想が寄せられました。今後、生徒たちは地域の方々と連携しながら、喜多方の魅力について学び、情報発信の動画作成に取り組んでいきます。